最新情報NEWS

3行要約AI 大反響

”3行ようやくAI”大反響「走れメロス」の失敗報告に開発ベンチャーも注目。原因と対策を聞く。ITMedia News

文章を入れるとAIで3行の要約を数十秒のうちに生成する—、こんな機能を試せるでもサイトが8月26日に公開された。

このAIは東京大学・松尾豊研究室発のAIベンチャーELYZAが開発した「ELYZA DIGEST」だ。「走れメロス」の要約が失敗した原因として、要約にあたり小説特有の不確認な要素や文章やせりふ内の表現部分と勘違いした可能性があるという。

NLP(自然言語処理)分野では、2017年までAIの精度は人間の足元に及ばなっかったという。’18年に米Googleが開発した言語処理モデル「BERT」を皮切りに精度が上がり、’19年には英語のテストで人間を超えた。

英語圏ではNLPや文章を扱うAI分野で変革が起きているという。ELYZAは日本語でも変革を実現し、その技術を社会実装することを目指している。

PAGE TOP