最新情報NEWS

tim_miland

3行要約AI 大反響

”3行ようやくAI”大反響「走れメロス」の失敗報告に開発ベンチャーも注目。原因と対策を聞く。ITMedia News 文章を入れるとAIで3行の要約を数十秒のうちに生成する—、こんな機能を試せるでもサイトが8 […]

[続きを読む]

BERT

BERT(Bidirectional Encoder Representations from Transformers)。 2019年にGoogle検索で採用された自然言語処理モデル。 おおまかにいうと、いくつかのキー […]

[続きを読む]

コロナ禍で拡大AIの役割

企業が成長を続け、競争優位を保ち続けるためにAI(人工知能)の活用が不可欠となっています。 デジタル化されインターネットを介し、個人・企業間で流通する「デジタル経済」はコロナ禍にあって、ますます拡大しています。このデジタ […]

[続きを読む]

BERT!素晴らしき哉

バカでかい巨大なシステムの日本語対応がどうなっているのか、良くわからないGPT-3や中国のAI「悟道2.0」にトップ性能評価の座を譲ったが、まだまだトップレベルの解析力の数字を残しているのがBERTである。 我々市井の日 […]

[続きを読む]

性格分析・分類のやり方と利用方法

AI worksは、2種類の性格分類・分析方法をおこないます。 まず一つは(感情重視型・思考重視型・行動重視型・内省重視型・意見重視型・リアクション重視型)の6分類方です。 これは元々NASAがアポロ計画で乗務員3名の選 […]

[続きを読む]

リスキリング(学び直し)

8/11日本経済新聞の一面に「成長のカギ「学び直し」に」の記事が掲載されていました。世界中で働き手のリスキリング(学び直し)の動きが活発化している。 ポストコロナを睨んでも、コロナ以前の社会には完全に戻らないと言われてい […]

[続きを読む]

形態素解析器

日本語形態素解析器で最も広く使われているのが Mecabです。 つぎにポピュラーなのが、京大研究室の形態素解析器juman++です。 どちらもC言語用に開発され、スピード的にも問題なく代表的な形態素解析器です。 ただ、P […]

[続きを読む]

自然言語処理BERTについて

2018年10月に登場して、自動言語処理でもとうとう人間を超える精度をたたき出したことで大きな話題となったBERT。 BERTを短く説明しますと、モデルはTransformerで、大規模なデータセットを使って「Maske […]

[続きを読む]

PAGE TOP